木管楽器の緊急医    

 山崎木管修理工房  

製品名

フルートカップの穴あき修正

かなりの年代物のフルートの全タンポ交換の依頼で当工房に来た楽器なのですが、分解するとカップに大きな穴が開いていることがわかりました
このままでは修理ができないので、穴をふさぐことにしました
楽器自体が洋白でできているので当て金も洋白で作ります。
洋白をなましてカップに合わせてカーブを作り穴が塞がるようにします。
ロー付けをする前にカップの中にある臼ネジを外してはんだを取ります。
はんだを取らないとロー付けの高温ではんだが溶けだしてkeyを溶かす恐れがあります。
ロー付けが終わるとやすり掛けをして平らにします(これが結構時間がかかります)。
平らになったらバフをかけて仕上がりました。
組み立てて全タンポ交換の修理が終わりました。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP